• INTIMINA

生理が(だらだらと)いつまでも続くとき



生理が1時間で終わればいいのに。そう思ったことはありませんか?

もし生理が1時間で終わるなら、その時間をトイレで過ごしたり、ポッドキャストを聞いたりしながらやり過ごすことができるかもしれません。(スケジュールを空けることができればの話ですが)。


ですが、生理はほとんどの人が3~7日ほど続きます。

更に、もしあなたの生理がそれ以上続くとしたらどうでしょう?「どうして?いつ終わるの?」と心配になるかもしれません。しかし大抵の場合、何らかの現象には原因があります。


今回はもしだらだらと生理が続くときに疑うべき理由について書きたいと思います。



生理の長さはどのくらい?

ほとんどの人の生理期間は3~7日ほどです。ただ自分の生理周期も毎月全く同じ長さではなく期間に幅があります。


生理記録アプリを使う利点の一つは、自分の「平均的な」生理の長さを正確に把握できることです。生理が長く感じることがありますが、実際は先月より2日長いだけ、ということもあります。

生理が早く終わって欲しい気持ちが強くて、なかなか終わらないと焦っているだけ、という場合もあります。


(シーツを汚さないようにセックスするために生理が終わるのを待っているのなら、その間はZiggy Cupをオススメします。)



今月の生理はなぜこんなに長い?

ただあなたの生理が3〜7日から大きく外れている場合、疑問や不安に思うのは当然です。


長く続く場合、おそらくいくつかの理由があります。まず、あなたの生理周期が長い方なのかもしれません。平均値とは、生理周期が最も短い人と最も長い人の平均値です。そして、特に生理が始まったばかりの頃は、もう少し大きくなってから生理が終わるよりも長く続くことがあります。

生理周期を記録していると、自分が平均よりも長い方なのかどうかも把握することができます。


しかし、もしあなたの生理がとても規則正しく、確実な長さであるにもかかわらず、今月は突然長くなってしまった場合、考えられる理由をいくつか挙げてみましょう。



避妊方法の変更

コンドームのようなバリアー方式の避妊具は、生理周期に影響を与えない唯一の方法です。ピルやパッチ、ミレーナIUDなどのホルモン剤を使用している場合、通常は生理周期を短くしたり軽くしたりします。ですが、私たちは皆、美しくユニークな生き物ですから......あなたには逆のことが起こるかもしれません。


しかし、生理が長くなったり重くなったりする可能性が最も高いのは、非ホルモン性の銅製IUDです。ホルモン性IUDも非ホルモン性IUDも、最初の数ヶ月は生理が変化することがあります。しかし、一度挿入すれば何年も使えるので、多くの人にとって良い選択肢であることに変わりはありません。この変化が深刻なものであるかどうかは、医師が一番よく知っています。



流産、または子宮外妊娠

流産は、数時間から数週間続く多量の出血や点状出血の原因の場合があります。さらに多くの人が妊娠に気づく前の、非常に早い時期に起こる可能性があります。


そして流産は、通常よりも多くの茶色の血液を伴うことがありますが、必ずしも常にとは限りません。通常よりもはるかに多量の出血が長期間続くようであれば、間違いなく医師の診察を受けてください。


同様のケースで医師の診察を受けるべき理由もう一つの理由は、危険な妊娠をしている可能性が(子宮外妊娠)あることです。



更年期障害

生理期間が長いのは更年期障害の兆候かもしれません。生理が長くなったり短くなったり、重くなったり長くなったりすることがあります。まだ30代であれば、更年期障害の可能性は低いかもしれませんが、早期閉経はあり得ることです。



PCOS

PCOS、多嚢胞性卵巣症候群は、ホルモンバランスの乱れによって引き起こされ、卵巣に嚢胞が頻繁に発生する可能性があります。生理が早く終わるのを繰り返したり、逆に生理が長く重くなったりすることもあります。正確な原因は不明ですが、過剰なインスリンやアンドロゲン(XY連鎖ホルモン)との関連が指摘されており、遺伝性である可能性もあります。

治療法は個々の症状に応じて行われますが、ホルモン剤や生活習慣の改善などが処置される場合が多いです。



子宮内膜症

子宮内膜症は、子宮の組織が子宮の外で増殖し始める病気です。この組織は、子宮内の組織と同じように、周期的なホルモンに反応して腫れ、出血することがあります。しかし、この子宮内膜症の病巣は膣から体外に出ることができないため、強い痛みや嚢胞などの合併症が起こる可能性があります。



子宮頸がん

子宮頸がんは、早期に発見されないと命にかかわることが多いため、定期的な検診(パップスメア:子宮頸癌を発見するために使われる細胞診検査)を行うことが大切です。がん細胞は、他の症状が出る前に、この検診で発見することができます。


しかし、子宮頸がんの症状のひとつに、生理の間や挿入型セックスの後の出血があり、これは長期間にわたって間違う可能性があります。2年に1度の検診だけでなく、不安を感じることがあれば医療機関を受診してください。



甲状腺の問題

自分の甲状腺がどうなっているのか、よくわからない?あなただけではありません。この小さな腺は、月経周期を制御するホルモンを含む、体内のさまざまなホルモンを調節する役割を担っています。ホルモンの分泌が不足または過剰な場合(甲状腺機能低下または過剰)、生理が軽くなったり不規則になったり、早期閉経の原因になることがあります。


一方、生理が極端に長くなることもあります。幸いなことに、簡単な血液検査で調べることができ、その後、ホルモンを規則正しく分泌するための薬物療法も可能です。



血液をサラサラにする薬

PE(肺塞栓症)やDVT(深部静脈血栓症)などの血液凝固障害のために血液をサラサラにする薬を服用している場合、薬の副作用として生理期間が長くなることがあります。


しかし、これは薬の服用を止める理由にはなりません。生理が重いことについては、医師に相談してください。



その他の血液疾患

珍しいことですが、生理が長く続く原因となる血液の基礎疾患があります。例えば、フォンウィルブランド病は血液凝固障害であり、最も一般的な遺伝性出血性疾患です。


しかし、皮膚結核など他の疾患が原因でフォンウィルブランド病になることもあります。この病気にはいくつかの種類があり、通常、幼少期に発見されるものもあります。

重大な手術や怪我をするまで、自分がこの病気であることに気づかないこともあります。ですから、生理がとても長い、または直径1インチ以上の血栓がある場合は、医師と相談する必要があるかもしれません。



どのような場合に医師に診てもらうべきか?


一般的に、生理が7日以上続く場合は、医師に相談することをお勧めします。

もしかしたら、あなたの生理周期がそうなっているだけかもしれません。でも、確認してみないとわからないですよね。生理が急に長くなった場合は、病院を受診するのが一番安心です。その際、普段の生理の長さと、その他の症状もメモしておきましょう。



 

※この記事は、産婦人科医のShree Datta博士によってファクトチェックされています。


Article Written By: Lane Baumeister